2014 ふたご座流星群 12/14夜~15日にかけてピークだよ

天体観測 438view  コメントする

冬の夜の風物詩、年間三大流星群の1つ、ふたご座流星群の時期がやってきました☆彡 活動はもう始まってますが、今年は、12/14夜がピークみたいですよ。

ふたご座流星群は派手さはないですが、毎年コンスタントに20〜30個(/1h) 観測されてる流星群。冬は大気の透明度も高いので、暗い流星も見つけやすいし、観られるチャンスは大いにあると思います。

 2014年12月14日 ふたご座流星群が極大
2014年12月14日 ふたご座流星群が極大

ふたご座にある放射点は、ほぼ一晩中夜空で見えているので、夕方から明け方まで流れ星を観るチャンスはありますが、一番の見頃は、午後9時から。当日晴れていれば、下弦の月(半月)が出ていますが、月明かりが気にならないほどの流れ星(火球)が出現することもあります。

そして2番目の見頃は、やっぱり深夜。深夜2時近くになると、放射点がほぼ天頂にくるので、流れ星が真上から降ってくるように観られるかも知れません。(←これが一番観たいw

とは言っても・・問題はお天気ですよねぇ。

秋田の週間予報見たら、今日現在ではあまりよろしくない感じ(・´з`・)

 気象庁 | 週間天気予報: 秋田県
気象庁 | 週間天気予報: 秋田県

ウェザーニュースさんの見えるかなマップも、今日現在ではちょっとむずかしいとの予報・・。

 ふたご座流星群 - ウェザーニュース
ふたご座流星群 – ウェザーニュース

因みにAstroArtsさんでは、今年もふたご座流星群の特集やってます。

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
冬の夜の風物詩「ふたご座流星群」が12月になるとやってきます。 今年もっとも流星が飛ぶと予想されるのは12月14日の夜です。 月明かりの影響がない夜半前が最大のチャンス。見逃さないようにしましょう。

2014年最後の大きな流星群なので、観たいですね~! 当日、晴れてくれる事を願いましょう(-人-)

観測にお出かけの際は、防寒対策ばっちりでいきましょ(^3^)ノ

ふたご座流星群 – Wikipedia
ふたご座流星群 | 国立天文台(NAOJ)

StarryEarth via photopin cc

LINEで送る
Pocket

  

関連してるかもな記事